「私のこの症状って更年期なのかな?」

45歳を過ぎると
そんなお悩みを持つ方も増えてくるのではないでしょうか?

婦人科に行って女性ホルモンの数値を測る血液検査をすれば
閉経しているかどうかはわかります

が!

実は更年期(特に更年期前半45-50歳頃)の女性とって
この血液検査が逆効果の場合もあるんです

なぜなら
私達メノポーズ(更年期)世代女性の女性ホルモン数値は日々変動しているから

今日のホルモン数値は高くても
明日は低い可能性はよくあるのです

婦人科へ行って血液検査をし
女性ホルモンの数値が高かったから大丈夫と言われたのに
やっぱり体調は良くない…
他の病気が隠れているのかな?
そして色んな科の病院をまわるドクターショッピングを繰り返す
そんなことにもなりかねません

そんな時に更年期症状かどうかを判断する指標として婦人科でも使われているのが
SMI(簡略更年期指数)です

SMIは自分の感覚で判断するので
楽になったり辛くなったりがはっきり分かります

婦人科受診の目安にもなるSMIを是非活用してみてください☺️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です